★祝・ウルトラセブン放映50周年★

★ウルトラ警備隊隊員人気投票受付中!


トップページウルトラセブン 考察と評価 ⇒ ウルトラセブン3 考察と評価
2005年06月01日
@第3話で明らかになった事実
 ・アンヌ隊員は防衛軍極東基地の名医・・・と紹介されているが、他の話では別の男
  性医師たちが出てきてアンヌはアシスタント的要素が強い印象を受ける。

A初登場の武器・兵器
 ・特になし。

Bポイント
 ・最初のシーンでフルハシとダンが基地内のゲートを通過していく場面や、ウルトラ
  ホーク3号の発進のシーンなどはウルトラ警備隊のカッコよさや組織力をアピール
  しているように見受けられる。
 ・ダンがビデオシーバーでアンヌに連絡をとるシーン。いきなり髪をとかしているア
  ンヌが映る。もし着替えていたら・・・。(ビデオシーバーでは首を傾げるシーン
  が結構ある。大人が見れば疑問に思うだろう)
 ・カプセル怪獣:「ミクラス」の初登場。
 ・キリヤマ隊長の「ウルトラホーク1号、出動スタンバイ!」は名言だと思う。
 ・宇宙人の名前が最後まで出てこない。(ビット星人)
 ・この話でもアマギ隊員が「あっ!ウルトラセブンだ!」と指差すシーンがある。

Cセブン変身方法
 ・奪い返したウルトラアイを右手の内に隠しそのまま両目にセット。(第2話同様、
  両目にセットされる段階までウルトラアイは手の内に隠されていて見えない)

D決め技
 ・エレキングにはアイスラッガー。
 ・敵宇宙船に対しては飛びながら手を胸に当ててウルトラビームを発射。

Eダンがセブンでいる時間(セブンが出ている時間)・・・・・約1分40秒 

F評価(7段階)

  脚本 ★★★★☆☆☆ 4
  演出 ★★★★☆☆☆ 4
  特撮 ★★★★★★☆ 6
  総合 ★★★★★☆☆ 5


【短評】
 セブンの中でも知られているエレキングが登場する第3話。撮影順序としては一番最
 初
に撮られたらしい。残念なことはエレキングの呆気ない倒され方。もう少し工夫が
 あってもよかったのでは?と思う。
 また、決め技が3話続けてアイ・スラッガーと言う点は制作スタッフ側の武器におけ
 る”ウルトラマンとの差別化”の意図が窺がえる。
 今回、セブンは敵の攻撃にビクともしない。これは絶対的ヒーローを印象づけるのが
 目的だったのではなかろうか・・・。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL