★祝・ウルトラシリーズ45周年★

★ウルトラ警備隊隊員人気投票受付中!


トップページウルトラセブン 考察と評価 ⇒ ウルトラセブン4 考察と評価
2005年07月07日
@第4話で明らかになった事実
 ・地球防衛軍の動力源は原子力。
 ・ポインター号は最低2台ある。

A初登場の武器・兵器
 ・最初で最後の登場となった原子力船「マックス号」。

Bポイント
 ・車の故障は今でこそ珍しいが当時にしてみればよくある事。時代の変遷を感じる。
 ・3話につづきウルトラアイが狙われる。侵略者たちはダンがセブンであることを知
  り
戦略を企てている。タケナカ参謀の言葉を借りれば「恐ろしい奴らだ!」(笑)
  理由は勿論、セブンに変身させない為にウルトラアイを盗む。変身されたら勝ち目
  がない
という事か?
 ・フルハシ、ダンの偽者を登場させている。よく見るとメイクも心無しか違いがある
  ように思う。とかく偽者が出てくると話は面白くなる傾向にある。
  
Cセブン変身方法
 ・やっとで出ました標準型。ウルトラアイを正面に翳して一杯に伸ばした右腕から両
  眼に引き寄せてセット。

D決め技
 ・巨大化したゴドラ星人に手を胸に当ててウルトラビームを発射。

Eダンがセブンでいる時間(セブンが出ている時間)・・・・・約4分10秒 

F評価(7段階)

  脚本 ★★★★☆☆☆ 4
  演出 ★★★★☆☆☆ 4
  特撮 ★★★★☆☆☆ 4
  総合 ★★★★☆☆☆ 4


【短評】
 物語の導入部、ポインターでマックス号へと向かうシーンは挿入歌と共にカッコよさ
 を感じる。偽者のフルハシ隊員やダン隊員など新しい展開もある。特にダンの見極め
 ではバンソウコウやペンダントなど小物がキーになっている。このあたりの趣向は面
 白い。全話と比較するとどちらかと言えば子供向けの部類か。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5433353
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。