★祝・ウルトラセブン放映50周年★

★ウルトラ警備隊隊員人気投票受付中!


トップページウルトラセブン ストーリー ⇒ ウルトラセブン5【消された時間】
2005年07月20日
『南極にある地球防衛軍科学センターから一機の超音速ジェット旅客機が飛び立った。
 目的地は日本。中には
地球の頭脳と呼ばれているユシマ博士が乗っていた。』


 目的は極東基地の視察・・・とは建て前でユシマ博士の発明したユシマダイオードを使って超遠距離レーダーをセッティングする事だった。がしかし、この時すでに恐るべき侵略の魔の手は忍び寄っていた。ユシマ博士は到着直前にビラ星人によってビラ星人の心を植えつけられてしまったのである。

 到着した夜、ホテルで眠っているユシマ博士に「オキロ、オキルノダ。ワレワレハビラ星人、全宇宙ノ征服者ダ。ワレワレハ地球侵略ノ手下トシテオマエヲエランダ・・・」そう言い放つとユシマダイオードに細工を施し基地レーダーの破壊工作を指示した。更にビラ星人は「注意スル。地球ニハ人間ニ味方スル宇宙人ガイル。名前ハ”モロボシ・ダン”トイウ。ソノ男ニ気ヲツケロ」と付け加えた。

 翌日、基地を視察したユシマ博士はレーダー回路の一部にユシマダイオードを取り付けるようダンに指示した。ダンはユシマダイオードを受け取るとそれを第3回路にセットした。だが取り付け直後にレーダーが故障、完全に作動しなくなってしまった。
基地内は警報が鳴り響き慌ただしくなった。キリヤマ隊長はレーダー室からの報告に「弁解はいい。すぐに修理にかかれ。レーダーは防衛基地にとって大事な目だぞ!」と修理を促した。

 一段落して作戦室に集まったウルトラ警備隊員の前でユシマ博士は「私の考えでは、残念な事にこの基地内には宇宙人のスパイが入り込んでいますな。ダン君、私の手から受け取ったダイオードをあの時何かとスリ替えたんじゃありませんか?」と発言しこれを聞いたダンが「何ですって! 博士、あなたは私がスパイだと言うのですか!」と反論すると「まぁ私は敢えてこの中にスパイがいるとは言いませんが明らかに私の仕事を妨害しようとする何者かの計画的な犯行である事に間違いありませんな。」と断言した。

 その頃、遥か大宇宙の彼方から地球に向かって飛ぶ大宇宙船団があった。地球防衛軍はそれを察知する事ができなかった。

 ダンは先ほどのユシマ博士の発言が気にかかっていた。”ユシマ博士から目を離してはいかん。彼は僕の秘密を知り罠に陥れようとしているのだ。何か企みがあるんだ。そうはさせんぞ”そう思っていた。
ダンはユシマ博士が一人機械室で作業をしているのを知りその様子を壁を透視して見張った。
案の定そこにビラ星人が現れユシマ博士に次の指示を与えていた。その指示とはウルトラホークの破壊だった。そして防衛基地の混乱に乗じて大宇宙船団が地球に突入するとも告げた。

 ダンは一部始終を目撃したとユシマ博士に掴みかかったが、キリヤマ隊長はじめ他の隊員たちからは信じてもらえない。「ユシマ博士は地球の大事な頭脳なのよ!」とアンヌからも言われてしまう。
「見たかね、諸君。この男は僕を殺そうとまでしたんだ。これでハッキリしたでしょ、この男こそ宇宙人なんだ。スパイなんだ。」とユシマ博士。
キリヤマ隊長も致し方なくダンを独房に監禁するように命じた。「どうして僕の言うことを信じないんですか! 博士は宇宙人に操られている。あの頭脳は確かに世界的なものかもしれないが宇宙人はそこに目を付けたんです。信じてください!」ダンは必死に抵抗するが事態は変わらず独房に入れられてしまう。

 遂にビラ星人の宇宙船団が地球に姿を現した。キリヤマ隊長は「ウルトラホーク1号、出動スタンバイ!」を下知。一方ダンは警報の中、独房でセブンに変身しウルトラホーク発射台へと向かった。そしてユシマ博士の破壊工作をウルトラビームで阻止すると今度は敵宇宙船団へと向かった。
ウルトラ警備隊もホーク1号、3号に分乗し敵宇宙船団撃滅のため出動した。
セブン対ビラ星人、ウルトラ警備隊対宇宙船団。地上と空中で戦闘が始まった。
セブンはウルトラバリアーで敵の攻撃をかわすとアイスラッガーで止めを刺した。
空中戦もウルトラ警備隊の勝利に終わりビラ星人の企てを見事に阻止、ユシマ博士も正気を取り戻した。

『地球は再び平和を取り戻した。この平和がいつまでも続くように、宇宙人の侵略から
 地球を守るために、そして市民の生活を守るために、ウルトラ警備隊は今日も活躍を
 続けているのです』



監督:円谷 一 脚本:菅野 昭彦 特殊技術:高野 宏一
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


5 消された時間
Excerpt: 菅野昭彦 円谷 一 高野宏一 「南極にある地球防衛軍科学センターから 一機の超音速ジェット旅客機が飛び立った。 目的地は日本。 地球の頭脳と呼ばれているユシマ博士が乗っ..
Weblog: 光の国から愛をこめて
Tracked: 2007-07-21 17:16