★祝・ウルトラセブン放映50周年★

★ウルトラ警備隊隊員人気投票受付中!


トップページウルトラ警備隊 ⇒ ウルトラ警備隊6名の隊員たち6 −ダン隊員−
2005年09月19日
ダン隊員について

 モロボシ・ダン隊員、この名前は1話の口調「モロボシ・ダンとでもしておきましょう」から思いつきで決めた名前?いずれにせよ彼の正体は恒点観測員340号、すなわち地球の呼び名でウルトラセブンである。物語上、ダンがセブンに変身するとよく言うが正確にはセブンがダンに変身している訳で、ダンがセブンになる時はダンがセブンに戻る事を意味する。

 名前はともかく、ダンの風貌がどうしてそのような姿になったかは、17話で解明されることになる。要約すれば人間愛に満ちた薩摩次郎青年をモデルにしたのです。
では、どうして地球の呼び名でウルトラセブンなのかと言うと、ウルトラ警備隊の7人目の隊員としてキリヤマ隊長が命名(そのシーンは本編ではカットされたが)したことになっています。興味深いことは、1話ではこの巨大ヒーローの正体が解明されていないのです。セブンを見た警察官がしきりに「あれは何ですかぁ〜!」と叫ぶシーンがあるだけ。2話でアンヌが口にするまでウルトラセブンの名は出てきません。どうでもよかったと言うのは言い過ぎでしょうがこの物語の主人公はモロボシ・ダンなんです。
正確に言うならばウルトラセブンがモロボシ・ダンに変身している時の物語。
こう表現するのが正しいでしょう。

◆◇配役の森次浩司氏はその後、森次晃嗣と改名。俳優業の傍ら神奈川県藤沢市鵠沼海岸で「ジョリー・シャポー」というレストランを経営。定期的にシャンソンやジャズのライブも行われている。◇◆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL