★祝・ウルトラセブン放映50周年★

★ウルトラ警備隊隊員人気投票受付中!


トップページウルトラセブンとマックス ⇒ ウルトラマンマックス「第三番惑星の奇跡」を見て
2005年10月14日
 ウルトラマンマックス第15話「第三番惑星の奇跡」はウルトラセブンの作品群に入れても決して引けをとらない内容だったと思う。物語のテーマが解りやすくメッセージがビンビン伝わってきた。久しぶりに中身の濃い作品だったと思う。大切なテーマがハッキリと見て取れた。

 私なりの解釈だが、自分の接し方(態度)によって相手の接し方も変わる・・・やさしい心で対すればきっと相手も同じ気持ちで接してくれる。人と人はもちろん人と動物、国と国も。そう解釈した。このような作品が今後も多くなれば30年後にはどこぞのブログで「ウルトラマンマックス−遠い記憶の彼方へ−」なんてのができるかも。
ちなみにあの美しい曲はショパンの「別れの曲」で刑事コロンボの「2枚のドガの絵」という作品にも使われていました。

うちの子供に感想を聞いてみたところポイントはしっかりと把握していました。

明日の第16話「わたしはだあれ?」も期待したいですね。
この記事へのコメント
なかなか良い出来だったと思います。ただ二つほど
?をあげると、まず、何と言っても、黒部さんのカレー皿。。。何が悲しくて、カレー皿をあそこであんな。。。別にやりようが無かったのだろうか。。。と思ってしまいました。それと、怪獣の名前ですかね〜 何か物凄く安易で。。。怪獣との戦い方まで忘れてしまったマックス、お話としては、面白かったんですがね〜

恒星観測員さま<音楽変えたんですね。素敵です。
どきどきしちゃいましたよ♪
Posted by さとっち at 2005年10月15日 08:13
さとっちさん、黒部さんはどうせならスプーンを上げて欲しかったですね。
第16話については記事書きましたのでそちらで。

音楽変えたと言うより付け足しました♪
更に第8話の考察と評価の「続きを読む」にもちょっとした仕掛けが・・・。
Posted by 恒点観測員337号 at 2005年10月15日 10:26
この作品は感動しましたね。
ラスト付近で涙が出てきました。
相手の技を盗むのはドラゴンボールにも出てきましたね。(笑)
ショパンの「別れの曲」私は101回目のプロポーズを思い出します。
Posted by いとま at 2005年10月16日 22:26
そうそう、101回目のプロポーズでもしょっちゅう流れていました。
長谷川初範はたまプラーザで見たことがあります。カッコいいです。
他にも西城秀樹や森末慎二など第四惑星には有名人がいっぱい出現しています♪
Posted by 恒点観測員337号 at 2005年10月19日 20:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL